マイティー教室

  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 合格実績
  • マイティーブログ
マイティー教室

2010 年 5 月 のアーカイブ

ヒペリカムの花と花瓶

2010 年 5 月 31 日 月曜日

ヒペリカムは実のような花が咲きます。花瓶がなかなか合わなくて、ところが最近手作りの花瓶を購入少し背が高いのですが、ところがそれが、よく合うのです。この花瓶いわく付きで、購入してすぐに水を入れたところ漏れるのです。ちょっと気分を害していたのですが、近所の方のアドバイス萩焼はそんなことはよくあるとの事解決方法はなんと米のとき汁を2,3日入れておくと治るとのことでした。で~さっそく実行です、な、なんと見事に漏れなくなりました。先人の知恵ですね。昔からされているようです。

高校3年生父兄会のお知らせ

2010 年 5 月 28 日 金曜日

6月12日土曜日は高校3年生の父兄会です、夏休みまでの受験対策と志望大学の参考資料をお渡しします。過去2年間の塾での参考資料も提示する予定です。

Sさん就職内定おめでとう!

2010 年 5 月 28 日 金曜日

同志社大学英文科の塾卒生が就職内定を知らせに来塾です。うれしいですね~就職難のこの時代に早々と決めてくれて、喜ばしい限りです。近頃は大手企業も募集人数うが少なく大学のネーミングだけでは就職内定はとれません。普段の学習と人間関係がより一層大切になります。塾での指導も学力プラス社会に適応する人間形成の育成ですね。これからは社会人として頑張ってください。

7年ぶりの再会

2010 年 5 月 21 日 金曜日

桂さん山口さんが塾に来てくれました。今は一人は保育園の保母さん、後の一人は同じ保育園の管理栄養士で活躍しています。幼児教育関係の一員として国のために頑張ってくれています。うれしいですね!!こんな時こそ塾をやってきて良かったと思います。二人とも今度は家庭を持って将来を育んでくれればと念じています。

羽生名人3連覇

2010 年 5 月 20 日 木曜日

休み明けから将棋名人戦を観戦三浦8段を見事4連勝で名人位を防衛。羽生7冠時代前から応援している棋士だけに気持もはずみます。後囲碁の井山名人がもう少し棋聖戦で活躍してほしい。そうそう、昨日ベランダで花に水をやっていると、僕の肩に鳥が奇跡がおきました。だいぶん慣れては来ていたのですが、まさか肩に止まるとは。そのあとミニ噴水の水を気持ちよさそうに飲んで飛び立ちました。もう一度体験したいものです。

ロングイヤービーエンという世界最北の町

2010 年 5 月 14 日 金曜日

一昨日BSでサバーバル諸島のロングイヤービーエンという世界最北のの町のドキュメントを見て北緯78度というとてつもない環境下でノルウエー領でありながら、ビザがなくて多国籍の人たちが懸命に人として生きている姿を見て感動しました。とくに旧ユーゴの家族が両親が内戦で死に絶望の状態から家族全員がこの町に移り住み仕事といえば炭鉱という過酷な中で家庭を育み幸せを見つけ出している状態は羨ましくさえ眼にうつりました。事実ここの住人のほとんどがこの地はオアシスだといいます。資本主義のこの世の中ストック市場という本来あるべき物の交換による経済から信用経済という架空の実体の無い経済の膨張を見ているといずれ全世界が破たんの状況に落ちるのではと杞憂します。ギリシャ、イタリア、ポルトガル、スペイン、また日本と財政破たんの兆候がみられる中で真の幸せが見つけられるのでしょうか?

至福の時間

2010 年 5 月 13 日 木曜日

昨日は時間の余裕があってネットで、本因坊戦の二日目をネットで観戦、こんな時間を持てるのは久しぶりです。挑戦者は山下天元で羽根本因坊に挑戦。二人とも厚みの碁風のはずが、天元が地に走るという展開で二転三転見ごたえのある戦い王9段の解説もネットでの大判解説の飛び入りで楽しく観戦できました。生き方も実利ばかりに走らず厚みのある、人生を送りたいものです。

文化を感じる事

2010 年 5 月 5 日 水曜日

P1000875

この切りえは水野政雄氏の切り紙である。素晴らしい芸術目の前での切りえはもう夢の世界です。他には水野柳人の絵を鑑賞する機会があってしばし至福のときを得ました。柳人は独学で絵画をたしなみ、鮎の絵は皇室にも奉納されたとか。現在もおもだ家に保管され彼の民芸品の収集は素晴らしいものがあると言われています。時間と余裕が出来ればもっと日本の芸術を見たいもの。勉学も芸術も「真」なるものへ近づければ!宇宙時間でいえば人生は瞬きの瞬間充実した人生をおくりたいものです。

子供手当が6月から

2010 年 5 月 2 日 日曜日

児童手当の代わりに0歳から中3まで1万3千円支給されるそうな。あと10月2011年2月と続くそうな。学費が生活費消えるかも?、子供たちは中学生までは携帯を持たずに勉学に励んでほしいもの。塾生には中学3年まで携帯を所持しない生徒が何人かいます。ゲーム携帯電話など非生産的な事にいくら消費しても消費性向も経済成長もあまり期待できないのでは?連休は塾で思い切り勉学に励んでほしいものです。イノベーションによる経済成長をとくシュンペーター理論からいえば、高度な技術革新が日本国内でされないと、後10年後は恐ろしい事になりそうです。子供たちの勉学に期待したい。